えるふのおうち

覚醒のあくろは陽の目を見るか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深いダメージを負ったアニポケファンの話

こんばんわ、お久しぶりのあくろです
ドラネスはちゃんとINしてますにゃ。やること少ないけど。
トレハンも毎日消化してたんですけど、正直ガーネットすら出ないし一日一回でいいかなって思ってやってましたにゃ。
究極紋章引いて2000Gのお小遣いもらった程度でしたにゃ。総括終わり




タイトルにある通り今回の本題がこれ。
先日のアニポケの内容について自分だけで消化するのが難しいと感じているので
文章に起こして吐き出します。


ポケットモンスターXY&Z 第38話「カロスリーグ優勝!サトシ頂上決戦!!」

結果だけ見ればアランに負けて準優勝、これは納得できます
PVも観る限りこの後フレア団側に付くようなことが仄めかされていますし、ここで再戦して勝つ…
と言うのは当初から大多数の人が予想していた展開ですが、実際にこのようになっていくと思います。
この時に、(視聴者の感じ方は違えど)恐らくリーグよりも重要な世界の存亡をかけて戦うわけですから、
一度勝っている相手とそうでない相手では緊張感も勝った時のカタルシスも違います
だからこそ、一度も勝ってない今回の決勝戦がどっちに転ぶか本気で予想できなくてエンタメとして秀でていたわけですから。
それに、最メガシリーズでアランの強さについては存分に披露しているわけですし、
カロスリーグはアランとサトシが抜きん出ていて、ショータがなんとか追随できているというパワーバランスが
暗示されていると感じ取れましたから。
もちろんアランは好きなキャラですし、負けるにしたってサトシとの関係性や今後の展開まで見据えれば、
歴代でもぶっちぎりでベストな負けのエピソードだと感じています。

それよりも、すごく感じているのが
アランに負けたことに対するショックよりも、XYシリーズのサトシですら優勝出来なかった事に深いダメージを負ったということ。
私はXY第一話のAパートから「今シリーズのサトシはやるぞ」という可能性を感じていました。
今までの20年近い旅が尊重され、気持よく真ん中を貫いてくれている主人公像、そしてまだ見ぬ新たな力が合わさって
生み出された今シリーズの実力は、これ以上のものは存在しない、という思いを私に与えるのに十分でした。
だからこそ、今回で優勝ができないのなら、これ以上のサトシとは一体どうやれば描けるのか、という想像が皆目検討がつかない事に対する閉塞感・虚脱感に引っ張られて心に深くダメージを負っている次第です。

この勝負は恐らく今後のストーリーには直接的な影響を及ぼさないエピソードであると感じているため、
これはこれで自分の中で消化しないといけないので大変なのですが、ここからラストへ向けたエピソードも非常に魅力的であるので、
もちろん最後まで正座して見続ける所存です。
でも、こういった結末を用意するのならば、
視聴者をいたずらに煽るのはやめて欲しかった、というのが正直なところです。

1470820003-1.jpg

1471424628-2.jpg
↑2週に渡りLINEで特別に配信された宣伝。これだけでなく情報番組での予告でも同様に。

当たり前ですけど、人間都合のいい解釈をしたがるものですから、こういうことされると優勝を望む人達は
当然「優勝を受け入れる心構え」をしてしまうわけで、そうなるとプラスの感情から一気にマイナスに叩き落とされるので、
感情が動いた距離は相対的に大きくなりますよね。
Youtubeに投稿されている公式の次回予告の低評価数もものすごいことになっていますが、
サトシが勝っていれば低評価と高評価の数が入れ替わっていても不思議では無いですから。

制作側の方達にまで結末を愚痴られるというのに、どうしても見えない力を感じて不安になってしまいますが、
1シリーズでこれだけ楽しませてくれたスタッフに感謝を。誇張表現なしに興奮で汗をかいて見てました。
ここで内々のものを文章に起こせたので、自分の中でも落ち着けました。
これで今後のエピソードも今までのようにワクワクして楽しめると思います。

休みの日に優勝祈願で伸ばしていた髪も切りに行こうかと思います。


おわり
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。